9月16日、天童市市制施行60周年を記念しまして、昨年好評を博した首席フルート奏者の足達祥治氏を中心に、ヴァイオリン奏者の蜂谷ゆかり氏、ヴィオラ奏者の井戸健治氏、チェロ奏者の渡邊研多郎氏、ピアノ奏者の小林路子氏に、今年は首席ファゴット奏者の上野健氏を加えた山形交響楽団による室内楽アンサンブルコンサートを開催しました。

モーツァルトのファゴット四重奏曲、さらにシューマンのピアノ四重奏曲と、いずれも素晴らしい演奏をお届けすることができ、多くの来場者に感動を与えていただいたコンサートとなりました。山響の皆さんの、上質な音楽、そして、馴染みのある名曲を堪能しながら、素敵な時間を過ごされたのではないでしょうか。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。