インド料理を楽しむ7月6日(金)「インド料理を楽しむ」講座が開講されました。、本場のシェフの解説と作りたてのカレーを味わいながら、インド料理の魅力を知っていただく講座、今年で3回目の開催です。

インド人はどのくらいの頻度でカレーを食べているか・・・
カレーと言えば、日本でなじみの深いカレーライスを連想しますが、実はそうではなく、インドでは野菜や肉をスパイスで味付けした料理を総称して「カレー」と呼び、毎食スパイスで味付した料理を食べています。
その日の体調や、気候、食材、気分に合わせて使うスパイスの種類、分量や比率を決め、インドの食にはスパイス抜きには語れないとのこと。

インド料理を楽しむインド料理を楽しむ


今回は「ビリヤニ」をシェフに作っていただきました。
インドの米を使用した炊き込みご飯で、何種類ものスパイスを使い、中にタンドーリチキンが埋まっています。インドではお祝い事で食べる料理で、日本でいう「赤飯」みたいなものです。

インド料理を楽しむ最後に、作り立てのビリヤニとカレーを皆さんでいただきました。
インドでは日々の料理で多くのスパイスが使われますが、これらは個々のスパイスにおける整腸作用や消化作用等はもちろん、使われるスパイスの種類と組み合わせによって健康への有用性も期待されるので、スパイスがたくさん入っているインド料理を食べれば暑い夏を乗り切れることでしょう。
受講していただいた皆さん、メモを取りながら講師の話を熱心に聞いて、インド料理を満喫し大満足の2時間だったようです。