10月17日(水)にさとみの漬物講座が開講されました。

今回のテーマは「秋の定番おみ漬けをマスターする」です、ビニール袋で簡単に作る技とコツを新関さとみ先生に教えていただきました。

おみ漬けは山形の代表的な漬物で、ご家庭ごとにレシピやこだわりがある郷土料理です。うまく味が出ない、しょっぱくなりすぎてしまった、色がきれいにならない…というお悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

新関先生が実践を通して、味よし色よしのおみ漬けの作り方を丁寧に解説してくださいました。

 

 

 

 

受講者のみなさんは、おみ漬けと大根のかつおぶし漬けを同時に作りました。

テーブルごとのグループで役割分担をして、わきあいあいと作業を進めていきます。

 

 

 

 

 

最後にまいたけ汁も作って、炊き立てのごはんといっしょに試食しました。みなさんの表情は達成感で満ち溢れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、新関先生の手作り味噌講座の開催を予定しております。

こちらも大変好評をいただいております、ご興味がありましたらぜひお問い合わせください。